『震災時帰宅支援マップ 首都圏版』

・震災時、都心から家まで歩いて帰るための地図 『震災時帰宅支援マップ 首都圏版』発売
 http://www.mapple.co.jp/ir/ir_shinsai050725.html
・セブンアンドワイ - 本 - 震災時 帰宅支援マップ 首都圏版
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=R0142559

・・・帰宅困難者予備軍のあなたも、これで不安解消?
昭文社から、震災等で交通網が遮断されたとき、長時間歩いて帰宅しなければならない人々(=帰宅困難者or帰宅難民)を支援する地図が発売されるようです。
巨大地震が起こったとしたら、この間の地震のように、数時間待ってれば電車の運転が再開される、なんという事は期待できません。
確実に交通網は遮断されるでしょうから、自分の脚で歩いて帰らねばならなくなります。
日常的に歩いて通勤しているなら、災害時にも何とかなるでしょうが。
普段は電車で通り抜ける場所を、初めて、しかも震災時に歩いて帰らねばならないのですから、相当の困難が予想されます。
そもそも、どの道を通れば帰れるのかを知らねばなりませんし。
帰り道が分かったとしても、更に考えねばならない要素は多々あります。
どの道を通るのが安全か。どのタイミングで行動を起こすべきか。
変に入り組んだ住宅街に居たら、火に囲まれて逃げ道が無くなるかもしれませんし。
ビル群の中に居たら余震でガラスが降ってくるかもしれません。
場所によっては、極度に治安が悪化する恐れもあります。

実際に地震が起こってから、その場で帰り方を考えるのは、リスクが高すぎます。

この間の地震で、交通機関が麻痺したときの怖さを、多くの人が感じ取ったはずです。
この本は、そんな、帰宅困難者をプチ体験した人々の心理にジャストフィットする一冊と言えるでしょう。
・・・うむむ、結構、売れる予感(;'A`)
8月1日発売、との事です。
ちなみに、昭文社の回し者ではありません(;'A`)ノ

なお、同種の本として、以下のようなモノもあります。

・セブンアンドワイ - 本 - あなたの命を守る大地震東京危険度マップ 東京23区+多摩地区
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31536829


8月1日に買いました(・`ω´・)ノ
ぴっくし、書店へ向かう。
↑こちらにて、感想を述べております。

また、『あなたの命を守る大地震東京危険度マップ 東京23区+多摩地区』も、その後買ってしまいました。踊らせれ過ぎかも('A`)
続・ぴっくし、書店へ向かう。
↑感想は、こちらの記事にて。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック