ボールペンあれこれ

こんばんは。司法試験受験中のぴっくしです。
今回は、ボールペンについて少々・・・。

現行の司法試験には、論文式試験というものがありまして・・・。
受験生は黒のボールペン又は万年筆を使って、手書きで用紙に解答を書いています。
どのくらいの量を書くのかと言いますと・・・。
だいたい答案1通あたりを、1000~1200字程度書いています。
(正確に計ったことはないですけど、たぶんこれくらいのはず)
1科目2通を、2時間で仕上げねばなりません。
実際には書く前に、どのような構成にするかを考える時間もありますので、筆記に使える時間は1通・35分~40分程度になります。
受験生は、非常に切迫した状態で、解答を書き殴る事になるわけです。

ようするに、受験生には時間がありません。
出来るだけ急いで書き上げたいのです。
早く書けるなら、早く書けるほど良い。
それゆえ、筆記具は手に負担がかからず、なめらかに素早く書けるモノが好ましい、ということになります。
そこで、今日は”ぴっくしオススメのボールペン”、そのうちのTOP3を紹介しようかと思います。
(万年筆は高いし、ほとんど使ったことがないので、省きます)

第1位 『ドクターグリップ G-スペック』(パイロット)
 特に、ソフトグリップの持ち心地が良い。A-inkも実に滑らかにでます。
 全体のバランスが良いので、重量をあまり感じさせません。
 ただ、油性なので、書いていると先端にダマが出来るのが玉にキズ・・・。

第2位 『ユニ パワータンク スタンダード(ノック式)』(三菱鉛筆)
 圧縮空気でインクを押し出す機構により、優れた筆記性能を実現しているらしい。
 小難しい点はともかく、素早く書いても、かすれにくい点が高く評価できます。
 ノック式キャップ式がありますが、ノック式の方が握りやすい気がします。 
 値段がちょっと高いモノもあるようですが、まだ試してません。
 http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/power_tunk/index.html

第3位 『サラサクリップ』(ゼブラ)
 名前通り、さらさらなめらかに書けます。さすがジェルインク。
 わずかに滲む感じがするのが惜しい点。でも滑らかさが良いのですよ。
 「エアーフィット」という握りやすいペンでもジェルインクを替芯として使えるようです。
 まだエアーフィットは試した事がありませんが・・・どんなもんなんでしょ。

と言うわけで、オススメボールペンTOP3でした。
ちなみに、ボールペン繋がりでついでに書きますと・・・。
教科書などへの書き込みには、ユニボールシグノ超極細が(・∀・)イイ!!です。
とにかく細いので、狭いスペースも有効活用できます。

≪2005年5月22日一部訂正≫


≪2005年2月15日以下追記≫
ぃゃぃゃ、技術革新というのは凄いですね。
これを書いた時点では、ユニボール超極細(0.28mm)が最強極細ペンだったと思うのですが。
何時の間にやら、更に細さは進歩してました。

・筆記具製品案内:ハイテックC 0.25mmボール
 http://www.pilot.co.jp/line_up/product/hitecc/hitecc025mm.html
・ユニ ボールシグノ ビット 三菱鉛筆株式会社
 http://www.mpuni.co.jp/product/ball_pen/signo_bit/index.html

ハイテックCの0.25を今は使っています。
かなり細かく書けるのに、かすれは少なくて(・∀・)イイ!!です。
ユニのビット、0.18mmという凄い細さも気になっていますが、まだ試してません。
今度試そう・・・。

論文の筆記に使うペンは、『G-スペック』と『サラサ』が半々くらいになってます。
G-スペックの持ち心地と、サラサの滑らかさを兼ね合わせたボールペンが出れば、最強なんですけどねぇ・・・。

この記事へのコメント

カズキ
2004年08月28日 12:06
びっくしさん、はじめまして
「資格試験体験記?」のれべるさんのご紹介で飛んできました。
(参照) http://blog.livedoor.jp/kazuki4649/archives/6232352.html
僕もドクターグリップ派なので、1位のG-スペックは気になるところです。
今度、文房具屋で試してみます。
ただ、パイロットのHPで確認するとゲルインキタイプはなさそうですね。
ちょっと、残念だな~。
また、遊びにきます。
司法試験がんばってください。
ぴっくし
2004年08月29日 21:49
カズキさん、はじめまして。
ドクターグリップ派ですか・・・お目が高い(・∀・)!!
G-スペックは、かなりのオススメです。
たしかに、ゲルインキではないんですけど、滑らかさは中々のモノです。
少なくとも、従来のDr.グリップよりは、格段に進歩していると思います。

カズキさんも、税理士試験頑張って下さい。

この記事へのトラックバック