憲法・統治。

久しぶりに首都圏に雨が降りました。
寒いです ((((('A`;))))

今日は、憲法・統治分野の論文の勉強をしてました。
受験生としては、おとなしく芦辺説などの「(受験的)通説」に立った上で、事例に応じて多少の修正を加え、問題を処理すべきなんでしょうが・・・。
たま~に、少数説で処理してみたくなります。
例えば、議論の土台部分をぶち壊して、新たな土台となる概念を提示して、それで一気に問題を処理するような・・・。
いやまぁ、あんまりやらない方が良いのは、分かってはいるんですけどねぇ・・・('A`)



全然、別の話題ですが。

平成18年01月13日 第二小法廷判決 平成16年(受)第1518号 貸金請求事件
Yahoo!ニュース - 毎日新聞 - <消費者金融>滞納時の超過利息は受領できず 最高裁初判断
解説:みなし弁済訴訟・最高裁判決 「借り手保護」を重視 利息制限法の順守求める-話題:MSN毎日インタラクティブ
みなし弁済訴訟:最高裁判決 「天と地ひっくり返るほど」--弁護士ら評価-話題:MSN毎日インタラクティブ

・・・旧司法試験には、あんまり関係ないんですけど、
また、判決は「みなし弁済」が認められるために業者が交付する書面の記載方法を巡り、貸金業規制法施行規則(内閣府令)が簡略化を認めた規定について「規制法の規定に反し無効」と明言した。
この部分のインパクトが強かったので、記事にしてみました('A`)
それにしても、最高裁は、気合い入ってますね。


2006年1月25日追記
ついでにコレも載せます
平成18年01月24日 第三小法廷判決 平成16年(受)第424号 不当利得返還請求事件
平成18年01月24日 第三小法廷判決 平成15年(受)第1653号 生命保険証券及び傷害保険証券返還等請求事件
日掛け金融:「超過分利息は無効」 借り手救済、さらに前進--最高裁-話題:MSN毎日インタラクティブ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック