音楽配信。

今日(日付が変わったので、昨日)から始まった、日本版の「iTunes Music Store」。
値段やら、曲の多さやらで、何かと話題になっているようです。

・Apple、1曲150円で「iTunes Music Store」国内サービス開始
 http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050804/apple1.htm
・ITmedia ライフスタイル:ジョブズ氏来日――「iTMS-Jは日本のためにつくられた」 (1/2)
 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0508/04/news044.html

鳴り物入りで登場したアップルに対抗すべく、国内の音楽配信各社も値下げを行うらしく。

・iTMS以外の配信サービスが、一部の楽曲をiTMSと同価格に値下げ
 http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20050804/pdown.htm

ようやく、まともな音楽配信を利用できるようになりそうです。

今までの日本の音楽配信って、金を払う気になれなかったんですよ。
欲しい楽曲が配信されてなかったりするのも理由の一つですが・・・。
何より気になるのが、楽曲の利用制限。

例えば、ソニーのbitmusicなんかを見ると・・・
曲をダウンロードするには、音楽プレイヤーソフト MAGIQLIP2(マジクリップツー)という専用の音楽プレイヤーが必要です。
だとか
iPodやWMA対応機器などの、OpenMGに対応していない機器ではご利用頂けません。
だとか・・・

('A`)-3

音楽を聴くのは家の中よりも、外でMP3プレーヤー使っての方が多い、
そんな人も最近は増えていると思うのですが・・・・。
みんながみんな、OpenMG対応機器を持ってる訳じゃないはずです。
当然、私の持っとるプレーヤーは、OpenMGなんか、対応してません。
ソニーしか取り扱ってない、独りよがりな規格でないと駄目って言われても。

('A`)-33 ・・・んじゃ、イラネ

これで終了ですよ。

その点、「iTunes Music Store」は少しは期待できそうです。

利用制限は、他社のガチガチのルールに比べれば、はるかに利用者の事を考えたモノになってます。
5台のパソコンまで利用可能、iPod、CD-Rへは無制限でコピー可能・・・といった具合に。
まぁ、私のMP3プレーヤーじゃ利用できない事に変わりはないんですけどね。
_| ̄|○

また、決済方法として、クレジットカード以外に『プリペイド方式の「iTunes Music Card」』を選べる点もポイント高いです。
額面は2,500円、5,000円、10,000円の三種類用意され、ビックカメラや等の家電量販店や、Amazon、アップルストアなどで買えるとの事。
安全上の理由から、あんまりネットでクレジットカードは使いたくないので。
プリペイドが使えるってのは、ありがたい事です。

いずれにせよ、私のMP3プレーヤーじゃ聴けないので、音楽配信サイトから楽曲を購入するのは、当分先になりそうです。

・・・iPod買うしかないんかなぁ('A`)


その後、かなりのハイペースで販売しているようです。
恐るべし、アップル('A`)
・ITmedia ライフスタイル:iTMS-J、わずか4日で100万曲販売突破
 http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0508/08/news007.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • じゃあiPod使ってない人は?

    Excerpt: そもそも、iPodユーザーじゃないのであまり踏み込めず(笑)。 逆に書けば、確かにシェアNo.1はiPodなのかも知れないけど、 フォーマットがAACのみなのはいささか冷たいではないかと。。。 セキ.. Weblog: GUDA-GUDA BLOG racked: 2005-08-06 02:03